写真:谷山 實

製造業の企業にとって今後大きな成長が見込める医療分野。加工技術の専門家の立場から、製造業で培ってきた技術や知見をどのように医療分野に生かせるか、日々追求しているのが東京大学工学系研究科機械工学専攻教授の杉田直彦氏だ。同氏の下には、医療関連の事業成長や新規参入を目指すメーカーが多く集まる。医療向けではメーカー同士の横の連携が薄いとされる中、同氏が主幹となり、分野を超えて日本のものづくり企業が集結する試みが始まった。一連の狙いを聞いた。

ここからは有料会員の登録が必要です。