パナソニックは、付加価値の高い商品を素早く開発し、生産する手段の1つとして3Dプリンティング技術を活用している。その最終的な目標は、「1個でも採算が取れるような高付加価値の商品を、従来の1/100で造ること」だ。このため、製品開発プロセスにおける設計検証のための試作だけでなく、実製品の生産での3Dプリンター活用も念頭に置く。同社における、樹脂と金属の両材料に対応した3Dプリンター活用の現状から、3Dプリンターの実力を見てみよう。

ここからは有料会員の登録が必要です。