左から1005、0603、0402、0201サイズ(写真:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 チップ面積が0.25mm×0.125mmと小さい、いわゆる0201部品の機器への搭載が始まる。まずは2014年4月下旬に、村田製作所が0201サイズの積層セラミックコンデンサーの量産を世界で初めて開始した。現在は月産1000万個体制だが、2014年10月以降に月産3000万個まで増やす予定という。村田製作所だけでなく、太陽誘電も2014年中に0201サイズの積層セラミックコンデンサーの量産を始める。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら