2015年春の初飛行を目指して最終組立が進む国産ジェット旅客機「MRJ」。三菱航空機は3度のスケジュール遅れを跳ね返し、旅客機特有のものづくりを血肉にできるのか。「暗い森は抜けつつある」とする社長の川井昭陽氏に、挑戦に立ちはだかる「暗い森」の正体を聞いた。

「MRJ」の客室モックアップに立つ川井昭陽氏
MRJは背もたれ部分が薄いスリムシートを採用して座席幅を広げ、リージョナルジェットとしてはかなりゆったり座れるように設計されている。
写真:堀 勝志古

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら