UCSDに設置したゴミ箱
[画像のクリックで拡大表示]

 米国カリフォルニア州サンディエゴ市の郊外に位置する、カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego:UCSD)のキャンパスを歩いていると、大きなゴミ箱が目に飛び込んでくる。

 ゴミ箱の外形寸法は1281mm×672mm×660mm、重さは136kgで、「BigBelly」(大きなお腹)と呼ばれている。UCSDでは、2012年3月にBigBellyを設置したことで、ゴミ回収の頻度が90%減り、運営コストを85%削減できた。この“魔法のゴミ箱”は、欧米を中心に世界40カ国で設置が進んでいるという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら