インタビューに答えるキヤノン 副社長 CTOの生駒氏
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2014年2月、ナノインプリントを基にした半導体製造技術(NIL)のベンチャー、米Molecular Imprints社(MII)を買収し、100%子会社にすると発表した。NILは判型に微細な凹凸パターンを施し、ウエハーに圧着することでレジストを微細加工する技術。10年ほど前から光リソグラフィに代わる技術として脚光を浴びたが、技術的な課題が多く、実用化が遅れていた。そうした中でキヤノンがMIIを買収したのはなぜか。決断の背景と今後の勝算を同社 代表取締役副社長 CTOの生駒俊明氏に聞いた。

NIL(nanoimprint lithography)=ナノインプリントをレジストのパターニングに用いる技術群。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら