埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター埼玉は、地場の企業の技術力を高めるため、完成車の分解研究を実施している。2013年度は、ホンダの「フィットハイブリッド」を分解して主要部品のメーカーや技術的な特徴を調査した(図1)。

図1 ホンダの「フィットハイブリッド」
エンジン、変速機、モータ、ステアリング、電池パックなどを分解。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら