「センサーを搭載したシューズをタダで配って、センサー情報で収益を得るというビジネスモデルもあり得る」。2月20~21日に開催のセンサー関連サミット「Trillion Sensors Summit Japan 2014」でのこと。毎年1兆個のセンサーを活用する社会を生み出そうと呼び掛けている米TSensors Summit社の創業者でChairのJanusz Bryzek氏の発言だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら