本来なら混ざらないはずの2種類の金属で合金を作る。そんな業界の常識を覆す新しい製造法を京都大学の研究グループが編み出した。同方法で作製した合金で、高価な稀少元素や利用が難しい有害元素などを置き換えられる可能性がある。この合金製造法は、「さまざまな金属に適用でき、応用範囲は広い」(京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 教授の北川宏氏)ため、“現代の錬金術”として、注目を集める。実際、大手材料メーカーが強い関心を寄せているという。資源が乏しい日本の救世主になる可能性があり、科学技術振興機構(JST)が研究資金だけでなく、特許出願に関しても支援している。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら