これまで電動化などエンジン以外の部分での燃費向上に力を入れていた国内の完成車メーカーが、エンジン本体の改良に本腰を入れ始めた。ハイブリッド車(HEV)同士の燃費競争が厳しくなっていることに加え、エンジン車の燃費向上が、海外市場では至上命題になっているからだ。欧州のCO2排出量規制をにらみ、エンジンの最高熱効率は2020年に45%程度に達しそうだ。

 トヨタ自動車が2012年12月に発売した「クラウンハイブリッド」のエンジンが38.5%、ホンダが2013年6月に発売した「アコードハイブリッド」のエンジンが38.8%―。これまで33%程度と言われてきたガソリンエンジンの最高熱効率が、ここにきて大きく向上している。

ここからは有料会員の登録が必要です。