スウェーデンTobii Technology社の日本法人であるトビー・テクノロジー・ジャパンは、同社の手掛ける視線を検出する装置が、三菱電機が開発中のヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)に使われていることを明らかにした(図1)。運転者の目の向きに応じてHUDの表示を切り替えて安全運転を実現する。

図1 視線を検出する装置
スウェーデンTobii Technology社が開発。両端付近にそれぞれ近赤外LED、その内側にカメラを搭載する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら