三洋化成工業はスラッシュ成形用ウレタン系表皮材の原料であるウレタンビーズの新製品「メルテックスLF」を開発した。自動車のインストルメントパネル(インパネ)などの内装の表皮に使う。塩化ビニルや既存のウレタンを置き換えることによって、軽く、安くできる。

 自動車のインパネは「ソフトインパネ」と「ハードインパネ」の2種類に分けられる。ソフトインパネは、内側の基材と外側の表皮の間を発泡材で満たしたもの(図1)。手触りが柔らかく、高級車に使われる(図2)。基材はPP(ポリプロピレン)、発泡材はウレタンであることが多い。これに対してハードインパネはPPなどを射出成形したもので、手触りは硬く、高級感がない。このため安い車種に使われることが多い。

図1 スラッシュ成形法
裏の基材と表皮の間に発泡材を吹き込んで造る。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 4代目「レクサスLS」(部分改良前)のインパネ
インパネの上半分が「メルテックス」だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら