燃料電池で主流のPEFCとSOFCの両者が、低コスト化に向けた開発で火花を散らしている。PEFCでは、触媒のPt使用量を削減できるコアシェル触媒が成果を上げ始めた。SOFCでは、作動温度を400℃程度まで引き下げられそうな新材料が見つかった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら