イノベーションに成功するための手法として、実にいろいろなものが提案されている。それらの多くは、すべきことを明確にした上で、それらの手順を示すマニュアル的な内容だ。筆者はこうしたマニュアル的な手法に対しては懐疑的だ。現役技術者の頃、さまざまな手法を実践してみたが、ほとんど効果は得られなかった。ホンダの連中は新しいものが好きだから、まず、試してみる。そんな周りの連中からも、「○○法は使える」という声を聞いたことがない。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら