世界中で開発競争が激しくなっている自動運転車。欧米に遅れをとっていた日本が追い上げている。トヨタ、日産、ホンダの3社が開発中の車両を公開。さらに国内の公道で走行する環境が整い始めた。日系3社の実力を探る。

写真(右)提供:トヨタ

 2013年の夏以降、日本における自動運転車の開発で明らかに潮目が変わった。日系完成車メーカー各社が開発中の試作車を国内で発表したことに加えて、関係省庁が公道で走行する環境を整え、政府からも支援の追い風が吹き始めた。

 9月26日、日産自動車は開発中の自動運転車に対して日本の公道を走行するためのナンバープレートを取得したと発表した(図1)。翌月上旬、トヨタ自動車は高速道路の同一車線内で手離し運転できる実力がある試作車を発表し、首都高速道路で実演して見せた(図2)。10月にはホンダも自動運転車の試作車を発表。11月に日産やトヨタとともに国会議事堂前の一般道で車両を走らせた。

ここからは有料会員の登録が必要です。