ひろしま産業振興機構カーテクノロジー革新センターは、地場の自動車産業育成の一環として、スズキ「ワゴンR」を分解して分析するベンチマーキング活動を実施した(図1)。前号で紹介したホンダ「N-ONE」と比較して、メリハリの効いたコスト配分が目立った。

図1 主要な部品を取り外したスズキ「ワゴンR」
軽量化を徹底しており、前号で紹介したホンダ「N-ONE」よりも車体質量は約60kg軽い。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら