閉じる

Hot News

日経エレクトロニクス

目次

  • 赤色発光GaN-LEDがより赤く、次世代マイクロLEDに前進

    GaN系だけでモノリシック製造が可能に

    「GaN系半導体だけでRGB(赤色、緑色、青色)の発光色がそろい、マイクロLEDディスプレーをモノリシックに作製可能になった」――。日経エレクトロニクス

  • 「1000倍」でエッジでの学習も、突き進むルネサスのAI戦略

    DRPで高性能化と低消費電力化を両立

    ルネサス エレクトロニクスは、2021年までに産業機器向けマイコンの処理性能を現行の1000倍に高める。エンドポイント(エッジ)でAI(人工知能)の推論処理を実行したいというニーズに合わせて、マイコンの性能を段階的に引き上げる。日経エレクトロニクス

  • 三井金属の微細回路形成用材料、パネルレベルのFOパッケージ加速

    2020年の本格量産を目指す

    三井金属鉱業は、半導体パッケージの1種、パネルレベルのFan Outパッケージに向けた微細回路形成用材料「HRDP(High Resolution De-bondable Panel)」を開発した(図1)。ガラス基板(キャリア)の表面上にシード層用のCu薄膜を含む多層薄膜を形成したもの。500mm×…日経エレクトロニクス

  • CESの主役が交代、AIスピーカー、移動型ロボットへ

    トヨタ、ソニー、Intelがプレスカンファレンス開催

    AI(人工知能)スピーカーの次はロボット─。「CES 2018」開催前に開かれた、CESを主催する米CTA(Consumer Technology Association:全米民生技術協会)のプレスカンファレンスからは、家電の主役が音声対話機能を搭載するAIスピーカー(スマートスピーカー)を足掛かり…日経エレクトロニクス

  • IBMが光回路を使うAIチップ、超高速で超省電力に

    認識率にはやや課題も

    米IBM社は、光回路を使うAIチップを開発中だ。まだ研究段階だが、学習時間やその際の消費電力が少なく、動作は超高速で超低消費電力になる見通しだという。日経エレクトロニクス

  • 止まらないSamsungの半導体、Intel抜きさらに巨額投資

    もたつく東芝連合などの引き離しが狙いか

    韓国Samsung Electronics社の半導体事業が絶好調だ。しかも2017年の設備投資額は例年の2倍超となる約2兆9000万円。これが半導体業界にショックを与えている。「もはや誰も追いつけない」「競合、特に東芝と中国の後発メーカーをつぶす狙いだ」といった推測がネットに飛び交う。日経エレクトロニクス

  • コンタクトレンズをIoT端末に、ARやオートフォーカスが実現へ

    部品内蔵基板技術で「目」に装着可能に

    「スマートコンタクトレンズ」の実現性が増してきた。(1)コンタクトレンズにカメラを実装し、まばたきを検知してシャッターを切る、(2)AR(Augmented Reality)で視野に映像を重畳する、(3)オートフォーカス機能で遠近両用化や度数調整不要を実現する、(4)制御可能な“絞り”でまぶしさを調…日経エレクトロニクス

  • “常温量子コンピューター”NTTなどがオンラインで公開

    量子力学的現象の利用は一部にとどまる

    NTTは、光ファイバーなどを用いた非ノイマン型計算システム「Quantum Neural Network(QNN)」を24時間稼働させ、2017年11月27日から無償でオンラインで利用可能にした注1)。内閣府の革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の下、国立情報学研究所(NII)や理化学研究所…日経エレクトロニクス

  • シネマ級動画の撮影やAI推論、Qualcommの新チップ

    各回路ブロックの性能や機能を向上

    米Qualcomm社が発表したモバイル機器向けプロセッサーSoCのハイエンド製品「Qualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform」はこれまでのハイエンド製品「Qualcomm Snapdragon 835」の後継に当たる。韓国Samsung Electronics社の…日経エレクトロニクス

  • 日本電産がPSAと合弁、クルマの駆動モーター事業に弾み

    PSAは2023年に80%の車種を電動化

    日本電産の子会社であるフランスNidec Leroy-Somer Holding(日本電産ルロア・ソマーホールディング)社は、フランスPSAグループと電動車両向け駆動用モーターの合弁会社を2018年3~4月に設立する。2017年12月4日開催の取締役会で決議した。日本電産は、電動車両向け駆動用モータ…日経エレクトロニクス

  • 工場IoTで6社がタッグ、オープンプラットフォーム構築

    FIELD systemとの協調も視野に

    「FAとITを協調させる日本発のオープンなプラットフォームを目指す」─。アドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は、産業向けエッジコンピューティングを推進する「Edgecrossコンソーシアム」を設立した。工場のIoT(IIoT:Industrial Interne…日経エレクトロニクス

  • パワーデバイス事業を1.5倍に、三菱が低価格IGBTで攻勢

    22年度に売上高2000億円

    パワーデバイス大手の三菱電機が攻めに出る。同社は2017年11月、報道機関向けにパワーデバイス事業の説明会を開催し、今後5年で同事業の売上高を約1.5倍に成長させるとぶち上げた。日経エレクトロニクス

  • 近赤外Si撮像センサー、ソニーが周期構造で効率2倍

    虹彩認証用で量産、モーションセンサーにも向ける

    ソニーは、同社従来製品に比べて量子効率を約2倍に高めた、Si製の近赤外線イメージセンサー(撮像素子)を開発した注1)。850nmにおける量子効率は、条件により異なるが35%前後と高い。従来製品では同18%ほどだった。開発品は、虹彩認証用途に向けて2017年7月から量産している。日経エレクトロニクス

  • 2025年に40Tバイトに、HDDの容量向上が再加速

    米WD社がMAMR方式を2019年に製品化

    HDDの将来展望が一気に開けた。2017年10月、米Western Digital(WD)社はHDDの記録密度を大幅に高めるマイクロ波アシスト磁気記録(MAMR:Microwave Assisted Magnetic Recording)方式の実用化にめどをつけたと発表。この技術を適用した製品を20…日経エレクトロニクス

  • iPhone Xの基板は2階建て、「予想外」の方法で接続

    iPhone Xを分解

    米Apple社が2017年11月3日に発売した「iPhone X」。iPhoneシリーズで初採用となる有機ELディスプレーや、顔認証機能「Face ID」など、約1カ月前に発売したばかりのiPhone 8と比較しても多くの新機能が追加され、iPhoneの新たなフラッグシップモデルと言える。編集部は同…日経エレクトロニクス

  • 汎用量子コンピューター、IBMが2020年過ぎに商用へ

    量子ビット50超なら「量子超越性」という定説は自ら否定

    米IBM社は、汎用量子コンピューティング(QC)・システム「IBM Q」を2020~2021年ごろに商用化する計画を明らかにした。IBM Qは、量子ゲート型QCの1種で、任意のアルゴリズムを実行できることが特徴の1つである注1)。日経エレクトロニクス

  • 効率倍増、放射線にも強い、NECが独自FPGA事業化

    原子スイッチ方式のチップをサンプル出荷

    「SoCなどに使うFPGAコアで、英Arm社のような存在を目指したい」(NEC)。NECは独自方式のFPGA「NanoBridge(NB)-FPGA」を事業化する。40nmプロセスで製造した100Kゲート規模のチップのサンプル出荷を2017年度内に開始(表1)。2018年度にサンプル品を使った実証実…日経エレクトロニクス

  • ソニーがMobileyeとタッグ、「業界初」だらけの撮像素子

    画像改ざんの検知機能も搭載

    ソニーは、ADASや自動ブレーキ、自動運転などで用いるセンシングカメラシステムに向けて、新しいイメージセンサー製品「IMX324」を開発した。サイズは1/1.7型。画素数は約742万画素(水平3849×垂直1929画素)で、車載向けとして「業界最高の画素数」(同社)である。同画素で撮影できるフレーム…日経エレクトロニクス

  • パナソニックがLiDAR参入、計測範囲や解像度は動的に変更

    実績あるモーターを2軸に使い、まずは産業用途で製品化

    パナソニックは産業用途向けの3次元LiDAR(Light Detection and Ranging)市場に参入する。無人搬送車のような自律移動ロボットや、警備システムなどに向ける。2017年10月の「CEATEC JAPAN 2017」で展示した試作品の検出範囲は水平方向に270度、垂直方向に最大…日経エレクトロニクス

  • 車内に置けるミリ波レーダー、ビーム化で“LiDAR”にも

    日本電産エレシスが低損失導波路で実現、単眼カメラも一体化

    車載電子装置の日本電産エレシスは、自動車の周囲を認識するミリ波レーダーを車室内で使用可能にする技術を開発、2019年秋以降に量産する。一般に76G〜77GHzなどのミリ波はガラスを透過する際に減衰し、室内にレーダーを置くと検知距離が半分ほどに短くなる。このため現在はフロントグリル内に配置することが多…日経エレクトロニクス

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る