「日経ものづくり」は、他誌にさきがけて、「ものづくり」を総合的に扱う情報誌として創刊しました。その内容は、新材料や新機構、新製品といった技術情報に加え、生産ラインのカイゼンやムダとり、さまざまな手法を駆使した業務改革事例、設計と生産の連携法、品質管理、CADからPLMへと発展する設計・開発システムの新機能、生産管理を大幅に変えるITシステムの活用事例/動向、さらには、現場のノウハウを継承・活用していく「人づくり」まで、“ものづくりの競争力強化に役立つ情報”を合言葉に編集部一同総力を挙げて情報提供しています。

出典:日経ものづくり
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。