今回は、操作用スイッチの中でも汎用性が高く、いろいろな用途で使われているトグルスイッチを紹介します。トグルスイッチは、つまみ状の操作部(レバー)を上下または左右の一方向に倒すことで、電気回路を切り替える構造のスイッチをいいます。トグル(Toggle)は上着のボタン代わりに使う留め木のことで、レバーの形がこの留め木に似ているところからトグルスイッチと呼ばれています。

ここからは会員の登録が必要です。