「PlayStation 3」の冷却機構は,2009年に発売された新型機種で大幅に見直された。消費電力の減少によって熱設計の前提条件が変わった上に,筐体の薄型化を実現する必要があったからだ。しかし,熱設計の基本思想は初期型から変わっていないという。新型PS3で冷却機構がどのように進化したのかを解説してもらう。


出典:2010年9月20日号 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。