EMCを難しいものにしている要因の一つが,評価/測定技術だろう。機器の動作や測定条件などによって,電磁雑音の放射強度はかなり変化する。EMIの規格では,測定値は常に「再現可能な最大値」でなければならないと規定しており,重大な見落としがあれば,その責任は自分にのしかかってくる。技術者が実際に陥りやすい問題事例を挙げながら,評価の目的や測定の基本技術を解説する。同時に,設計と評価の連携が重要になることを示す。

ここからは会員の登録が必要です。