最近、有機EL技術が急速に進展した背景には、有機半導体材料についての知見が深まると同時に、解析技術の精度が飛躍的に向上し、シミュレーション技術がやはり大幅に進展したことがある。京都大学 化学研究所 分子材料化学研究領域 教授の梶弘典氏の研究室は、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)と共同で、熱活性化遅延蛍光(TADF)材料の解析などを進めている。最近の有機半導体材料の解析技術にはどのような手法があるのか。梶氏に、研究の方向性と有機材料の可能性について聞いた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!