日本電産社長の永守重信氏
日本電産社長の永守重信氏

 日本電産社長の永守重信氏は2013年10月、ホンダエレシスを買収したことについて、「1プラス1を4にする相乗効果を生み出し、将来は同社の売上高を2倍に増やしたい」と語った。同社の今後の経営は、「独立採算として経営の自主性を重んじる」(永守氏)方針だ。日本電産は同社のモータ技術とホンダエレシスの電子制御ユニット(ECU)とその制御技術を組み合わせ、モータ単体の販売事業からシステムとして販売する事業に転換して業績の拡大を狙う。

以下、『日経Automotive Technology』2014年1月号に掲載
出典:Voice
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。