連載の最終回では,「強い特許」を創出するためのテーマを選定する方法を紹介する。将来にわたって市場が拡大して出願件数の増加が予想される分野を見極めることで,戦略的なテーマを選定できる。また,特許出願時の予算戦略についても紹介する。(佐伯 真也=本誌)

龍華 明裕
RYUKA国際特許事務所 所長

 特許出願は将来の収益拡大を意図した投資戦略であるため,技術や動向を注視しながら戦略的に出願テーマを選択する必要がある。最終回となる今回は,「特許ビジュアライゼーション」を行うべきテーマの選択方法を紹介する。

出典:チュートリアル
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。