• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

親子のヤギ5頭が除草を担い、人気者に

設置高1.5m、井戸を併設して水飲み場も整える

2015/07/01 00:00
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

 イビデンの神戸事業場は、JR大垣駅から北にクルマで20分ほどの岐阜県神戸町の郊外にある(図1)。周囲は田畑だが、徒歩圏に駅があり、住宅や学校も近い。2014年12月、同事業場に隣接した遊休地に出力250kWの太陽光発電所が稼働した。イビデンの子会社で、エネルギーや環境プラント関連設備を手掛けるイビデンエンジニアリング(岐阜県大垣市)が建設・運営し、固定価格買取制度で売電している。

図1●イビデンの神戸事業場(出所:イビデンエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、2015年5月12日から6月30日までの約1カ月半、ヤギ5頭をこの発電所の約1700m2の敷地内に放牧した(図2)。最年長の「マリ」(雌・5歳)の子供と孫という親子3代の群れで、雌4頭、雄1頭になる。マリ以外は2~3歳だ(図3)。

図2●5月12日からヤギを放牧した(出所:イビデンエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]
図3●外見上は、ほぼ同じ大きさだが、親子3代の群れで、雌4頭、雄1頭になる(出所:イビデンエンジニアリング)
[画像のクリックで拡大表示]

 放牧して約3週間後、6月初旬に発電所を見学した。「人懐っこくて、敷地に入ると、ヤギの方から寄ってくることも多いですよ」。イビデンエンジニアリング・電設事業部の水本秀三専務・事業部長に、こう言われつつ案内されて発電所の中に入った。

  • 記事ランキング