「2014~2015年度に向けて、ヘルスケア分野の取り組みを加速させる」─。NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏は、このように語気を強めた。同氏は2013年3月に開催された同社とオムロン ヘルスケアの共同出資会社(ドコモ・ヘルスケア)による新たな健康サービス「WM(わたしムーヴ)」の記者発表の場で、クラウド・コンピューティング技術やスマートフォンなどを活用したヘルスケア・サービスを今後続々と投入していく意向を示した。

ここからは会員の登録が必要です。