かつての日本メーカーが持っていた強み。そして苦境に立たされた今、忘れつつあるもの――。それは「製品にかける思い」だ。その重要さを、もう一度思い出させてくれる記事を紹介しよう。

Contents