Androidには、Androidアプリに必要以上の権限を持たせないように制限するための仕組みが備わっている。具体的には「権限の許可」と「ファイルのアクセス許可」である(図1)。前者は、アプリの動作に必要な権限についてアプリのインストール時にユーザーの許可を得る仕組みのことを指す。例えば、Androidアプリがインターネット接続やGPSによる位置情報取得のためには、それぞれの権限をアプリのインストール時にユーザーから許可を得る必要がある。

ここからは会員の登録が必要です。