脱安売りの極意

 掃除機や扇風機、ラジオといった製品分野は、かつてはコモディティー化の最たるものだった。製品にほとんど競争軸がなく、「安物しか売れない」と思われていたのだ。ところが、こうした分野で「飛び抜けた魅力」と「従来の数倍という価格」でヒットし、分野全体の平均単価を押し上げた製品群が登場してきた。

 その開発の裏側を取材すると、日本のメーカーがかつて持ち、苦境に立たされた今は忘れつつある「製品にかける思い」の重要さを、もう一度思い出させてくれる。

Contents

出典:2012年1月23日号 pp.28-33 日経エレクトロニクス
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。