使い手の要求を把握するには、試作に代表される試行錯誤が欠かせない。しかし、これはウオーターフォール型プロセスによる進め方と矛盾する。FDAは、こうした試行錯誤の活動は「製品開発」ではなく「研究」として位置付けるべきという立場である。研究は査察の対象にはならないので、存分に試行錯誤できる。

ここからは会員の登録が必要です。