台湾メーカーは、反ダンピング課税による特需に浮かれているわけではない。反ダンピング課税で一息ついても、世界全体で供給が過剰なことに変わりはないからだ。太陽電池メーカーが今の状況を乗り切るためには、抜本的な課題が解決されなければならないという問題意識がある。台湾Gintech Energy社 President & COOのWen-whe Pan氏は、「供給過剰で販売価格が生産コストを下回っている。これでは事業を続けることはできない。太陽電池メーカーがあまりにも多すぎるのが原因だ。将来的には80%のメーカーが撤退することになるだろう」と予想する。

ここからは会員の登録が必要です。