米Intel社が開発した、パソコンやデジタル家電などに向けた高速データ伝送技術の開発コード名のこと。Light Peakを用いたインタフェースは2種類ある。一つは電気信号を利用するもの。「Thunderbolt」という名称で、米Apple社のパソコンなどで使われている。もう一つは光信号を用いるもので、2011年7月末に発売予定のソニーのノート・パソコン「VAIO Z」で採用される。