バラっと盛られた部品を取って,穴や突起の位置を合わせて組み立てて,最後に外観をチェックする。こんな器用な動作をするロボットが,日本中の工場を革新し始めている。日本はセル生産方式で多品種少量生産に対応し,工場の国内回帰も進んだ。しかし,人への負荷が軽くなかった。造りすぎはなくなったが,急な増産も難しかった。その中で急激な追い上げを図る海外企業。日本の工場はロボットで反撃する。

出典:2008年5月号 日経ものづくり
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。