放熱機構に関しても、日本メーカーと海外メーカーで明確な違いが見られた(図6、図7)。発光効率の高いCOB型のLEDを用いた東芝ライテックの7.2W品では、LEDの熱を円形のAl板に伝え、そこから筐体に伝える構造を採用している。円形のAl板と筐体はさほど密着しておらず、「放熱性が高い構造とは思えない」(分解に協力した技術者)。

ここからは会員の登録が必要です。