地震、津波、そして原子力発電所の事故――。2011年3月11日に発生した東日本大震災は、日本の製造業に大きな打撃を与えた。しかし、限られた条件の中で迅速な復旧を果たし、早期に生産を再開させた工場が少なくない。

前代未聞の大災害に際し、どのように復旧を進めていったのか。事業継続計画(BCP)に代表される事前の備えはどこまで機能したのか。そして、新たに浮かび上がった課題は何か。復旧活動を統率した工場長に聞いた。

<住友ゴム工業 白河工場>
(初出:『復興ニッポン』)

<シチズン東北 相馬事業所>
(初出:『復興ニッポン』)

<東洋システム 本社工場>
(初出:『復興ニッポン』)