フィルム技術の進展が、スマートフォンやタブレット端末に使われている静電容量式タッチ・パネルを大きく変えようとしている。静電容量式タッチ・パネルでは、ガラス基板のみを使ったものがほとんどだった。しかし、ここに樹脂フィルム基板を持ち込む動きが加速している。タッチ・センサ基板の材料をガラスからフィルムに換えることで、ロール・ツー・ロール方式の連続生産による大幅な低コスト化を実現可能にする。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!