市光工業は、次のLEDヘッドランプの目標として、ハイビームとロービームの光源を一体化したり、ヘッドランプ一つ当たりに使用するLEDを1個に絞り込んだ製品などを掲げる。消費電力の低減や部品点数削減による低コスト化、小型化、軽量化などを進めるためだ。現在、この目標に向けた開発に取り組んでいるという。今回のLEDヘッドランプでは、ハイビームにはハロゲン・ランプを使っており、ロービームには白色LEDを2個用いた。

ここからは会員の登録が必要です。