関係者の間では来場者数の伸びが心配されたJIMTOF 2008。しかし,ふたを開けてみれば,6日間の会期の合計で16万9381人と,前回の JIMTOF 2006の15万4328人を1割近く上回った。来場者は一体,どのような目的を持って会場に足を運んだのか。ある来場者は次のように打ち明ける。「こういうときだからこそ設備投資の質が大切なので,興味津々で見に来た」。最新の技術が集結する展示会を通して今後の成長分野を見極め,次の設備投資の戦略を練ろうというのだ。おそらく,来場者の多くが大なり小なり同じ思いを抱いて訪れたに違いない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!