「iPhone」のヒットや「iPad」の登場によって,
タッチ・パネルの開発競争に火がついた。
マルチタッチ,大型化,薄型・軽量化などを実現した
“新世代タッチ・パネル”が2010年後半から
相次いで登場する。
このような新世代タッチ・パネルは,
機器を差異化する切り札となる。
新世代タッチ・パネルの技術や業界の今を追った。