実は、1つめに挙げた方法は既に、多くのメーカーで実践されている。大手自動車メーカーの海外向け仕様書は年々、厚みを増す傾向にあるようだ。しかし、これは根本的な解決にはならない。たとえ仕様書や設計図を念入りに作ったところで、仕様書や設計図通りの部品しか仕上がらないという点で変わりはないからだ。ならば、どうすればいいのか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!