LED照明は価格の問題や信頼性の問題をはらみながらも,確実に産業を拡大してきた。最近では,さらなるLED照明の普及を後押しし産業をより発展させるとして,安全規格や信頼性規格といったLED照明の標準化が議論されている。この議論は,市場で先行してきた日米欧に加え,韓国や台湾といった新興国でもなされてきたが,なかなか標準化の実現に達していなかったのが実状だった。ただ,このような状況が2009年になって変わった。韓国が2009年3月に標準化の策定・実行に踏み切ったのである。

ここからは会員の登録が必要です。