東芝は、ハーフピッチ(HP)が14nmのプロセスを想定して、3つのマルチパターニング手法を比較し、その結果をサンフランシスコで開催中の51st Design Automation Conference(DAC 2014、6月5日まで)で発表した。ハーフピッチ(HP) 14nmはロジックのプロセスノードで言えば、10nmを切った辺り。例えば、7nmに相当する。

ここからは会員の登録が必要です。