患者のQuality-Of-Lifeを高め、かつ低コストで容易に導入可能なウェアラブル・メディカル・システムの研究開発の進展は著しい。ISSCC 2014のSession 18「Biomedical systems for improved quality of life」では、ポイントオブケア・遠隔治療向けメディカルデバイスの最新技術として、聴覚補助、パーソナル・ヘルスケア、メンタル・ヘルスケア向け生体信号観測、乳がん検査などを行うシステムが多く発表された。

ここからは会員の登録が必要です。