エネルギーハーベスティングのセッション(Session 23)では、圧電効果や電気化学効果、光電効果などの環境エネルギーから効率的に電力を取り出す回路について、最新の研究成果が発表された。電力で1nW~1mW、電圧で0.1V~10Vと広い範囲をカバーするセッションに350人以上の聴講者が詰めかけた。米国の大学から5件、韓国の大学から3件の計8件の発表があった。

ここからは会員の登録が必要です。