NECと東北大学の共同研究グループは、消費電力を従来比1/80に低減できる無線センサー端末向けの不揮発性マイコンを開発した。技術の詳細について「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2014」(2014年2月9~13日、米国サンフランシスコ)で発表する[講演番号:10.5]。講演タイトルは「A 90nm 20MHz Fully Nonvolatile Microcontroller for Standby-Power-Critical Applications」。

ここからは会員の登録が必要です。