豊田自動織機は、電気自動車(EV)向けに専用のプラットフォームを開発、「第43回東京モーターショー2013」(一般公開2013年11月23~12月1日、東京ビッグサイト)に出展した(図)。軽自動車からコンパクトカー級までのEVを想定する。駆動用モータやインバータ、2次電池といったEV用部品の搭載に適した合理的なプラットフォームを開発。軽量化やコスト削減を実現した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!