ルネサス エレクトロニクスは、USBでデータ通信をしながら最大100Wの電力を機器に供給できる仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」の動作デモを、パシフィコ横浜で開催中の「Embedded Technology 2013 / 組込み総合技術展」(2013年11月22日まで)で披露した。USB 3.0の仕様では、データを通信しながら供給できる電力は最大で5V、900mAである。一方、USB PDの仕様では、20V、5Aまでの規定がある。今回のデモでは、12Vを供給して3.5型HDDを駆動させ、このHDDに内蔵した映像コンテンツを再生していた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!