米Mentor Graphics社の発表によると、トプスシステムズが開発したメニーコアのプロセス・システムの機能検証をCMエンジニアリングが行った。CMエンジニアリングは、Mentorの論理エミュレータ「Veloce」などを利用して、論理シミュレータだけを使う場合に比べて処理速度を2500倍にできたという。

ここからは会員の登録が必要です。