米Intel社が「Atom C2000」製品群(開発コード名:Avoton)を正式発表した。Atom C2000は、主に低消費電力で小型の“マイクロサーバー”に向けるプロセサで、Intel社の22nm世代の技術で製造する。前世代の「Atom S1200」製品群に比べて微細化や回路の改良を進めたのに加えて、別チップで提供していた各種の外部インタフェース回路を新たに集積した。これにより、高さ42Uのラック当たりでは、ノード数が最大3倍、合計演算性能が最大16倍に向上するとしている。

ここからは会員の登録が必要です。