東芝は、SoCに搭載するマスクROMに2ビット/セルの多値構造を適用した。セル・サイズを拡大せずにセル電流特性を向上させるとともに、製造バラツキによるセル特性の変動を抑制でき、高速動作が可能になるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!